2014/12/21

西千葉工作室



今日の記事は、商品の告知等ではないのですが。
昨日、以前より気になっていた「西千葉工作室」に行ってきました。

以前より気になっていたのに、なぜ足を運べなかったかというと、前を通りかかるたびに、千葉大の学生と思しき若い男性が黙々と工作作業をしている姿や、同じく女子大生が壁に何かを描いている姿を見かけていたからです。
ちょっとふらっとお茶だけするというには敷居が高い雰囲気があり、また、若い人たちが本気でアートや作業に没頭する場に、普通のおばさんが入っても良いのかしら…という懸念もあったり(笑)
完全に場違いな空気が漂っていて。
こちらのカフェは不定期で様々なワークショップを開催しており、昨日は「クリスマスオーナメントをかぎ針で編む」という、ニッターにはもってこいの企画が催されていたので、「これを機に足を運ばねば!!」と喜び勇んで行った次第なのです。

「西千葉工作室」は今年2014年春に京成みどり台駅の傍にオープンしたカフェです。
千葉大学工学部の学生とOBによって運営されているので、ただのカフェではなく、レーザーカッターや3Dプリンター等、工作機材が一通り整っており、作業する工作スペースもあります。子供の工作レベルから、大人の本格的な日曜大工まで、出来ます。
ミシンもあるので、ソーイング系がお好きな方や、家にミシンが無くて困っているという方にもおすすめです。
写真撮るの忘れてしまったので、詳細はこちらを。

Facebookページ

工具を使っての作業をする場合は、1ドリンク付きで、1000円。
カフェ利用だけの場合は、1ドリンク付きで、500円。(安い!!)
Wifiも電源もありますので、PCでの作業も思いのまま。しかも時間制限なし。ノマドの皆さんにはありがたいスペースです。
私もこれからPC仕事や編み作業はこちらを利用させていただこうと思いました。スタッフの千葉大生にも編み物を趣味とされている方がいて、より編み物しやすい環境であることが判明。
元々が「作業をする場所」という設定なので、作業に没頭しても、長居をしても、嫌な顔されません。これが普通のカフェと大きな違いでしょう。
京成みどり台駅が最寄りというちょっと辺鄙な場所なので、訪れにくいとは思いますが、お近くの方、気になる方は是非利用してみてくださいね。

こちらのカフェでは他にも、「オクトーバーフェスト」が開催されたりしています。


**************************************************************


昨日初めて訪れて。
久々に新しい人との出会いや縁を感じました。
まず運営しているスタッフが大学生で自分よりずっと若いこと。社会人になって働くようになってから、大学生の知り合いが出来ることはまずありませんでした。自分の行動範囲や交友関係が狭いということもありますが、非常に貴重な出会いだと思います。

私が参加した編み物ワークショップの隣で、3Dプリンターのスタッフ研修が行われていたのですが、参加していたスタッフは大学生だけでなく、OBと思しき年配の男性も混じっており、それにも心がざわめきました。
自分比較で恐縮なのですが、私が学生の頃、同年代の友人としか交流が無く、その時はそれで楽しいと思っていたのですが、就職活動中、社会人になって、更に歳を重ねて、若い時にもっと幅広い年代の方と交流を持てばよかったと後悔していたからです。
共通の話題で真剣に語り合えるずっと年上の友人や先輩がいるなんて、素晴らしいことだと思います。
「西千葉工作室」の運営に携わっている学生たちからは、若いエネルギーと熱気が感じられ、懐かしくもあり、わくわくする空気が充満していました。
また、子供からお年寄りまで参加できるイベントの企画からも分かるように、地域に根差した活動が基本となっており、地域づくりや、地域の人たちを繋げる役割も果たしているという点においても素晴らしい場所が出来たな、と思っています。
これからの「西千葉工作室」の活動を応援していきたいです。